第5回ALL石坂陽セミナーin山形

1 日時  2017年12月9日(土)

   12:30~17:00

 

           

2 場所  ヒルズサンピア

   山形市蔵王飯田637

      (山形駅からタクシーで10分 仙台から車で50分)

      

3 主 催 TOSS常笑気流

  共 催 NPO教育力アップやまがた

  

4 資料代 参加者MLでご案内しております。      

      早期入金は割引になります。

  

      ぜひ、参加者MLにご登録ください!!!!!

 

5 その他 講座内容、会場までのアクセスについては、

      このページの一番下に記載しております。

 

こちらの申し込みフォームからお申し込みください。

申し込みフォーム

メモ: * は入力必須項目です

講座内容

【講座  1】12:30-12:50

     学級平均点98点、異次元の漢字指導全映像公開!

      ★年々進化し続ける石坂学級の漢字指導。

       子どもたちが学習方法を理解し、努力を続けるその裏側に

       どのようなシステムがあるのか。

       時間はかかっても必ず辿り着ける道筋をお伝えします。
【講座  2】12:50-13:10
     学級平均点が95点を超える石坂流算数指導の原則と教材研究の裏側

      ★算数は、あれもこれも教えようとすると子どもたちが混乱します。

       誰しも経験したことがあるはずです。

       その混乱を避け、どの子もできるようになる手だてが存在するとしたら

       石坂流算数指導の原則と教材研究を積み重ね方をお伝えします。     
【講座  3】13:10-13:30
     あなたの語りが、子どもに伝わるようになる!
     語りの名手・石坂直伝の子どもへの語り、直接指導!
      公募30秒×5名

      ★子どもたちに何をどのように「語る」と「努力」や「丁寧さ」「粘り強さ」

       が高まっていくのか。語りと説教の違いをその場で直接指導。

       あなたの語りが明日から少しずつ変わっていきます。
【休    憩】 13:30-13:45
【講座  4】13:45-14:05
     ブロンズの三日間に備える!子どものやる気をぐ〜んと伸ばす準備のポイント

      ★学級解散の日に向けてスタートする3学期。

       3学期は、次の学年の0学期ともいわれる重要な楽器です。

       この3学期のスタートに何を準備するのか。

       具体的な準備内容とその意味をお伝えします。
【講座  5】14:05-14:25
     石坂学級、子どもが安心して生活できる学級ルールの定着のさせ方

      ★学級のルールは、子どもたちが納得してこそ守られます。

       そして、学級にルールが存在することは、自分自身の安心感でもあります。

       2学期末、学級が落ちつかなくなった。

       提出物の遅れが目立つ、小さなトラブルが増えた、そんな困りごとの

       解決の糸口が見つかります。
【講座  6】14:25-14:45
     子どもの主体性を引っぱりだす!石坂学級裏文化〜お楽しみ会の組み立て方〜

      ★3学期の最後の日、学級担任としては、

       「この学級で本当に良かった。とっても充実してた」

       「できるなら来年もこの仲間と勉強がしたい」

       「でも新しいクラスでもこのクラスで学んだ自信を胸に頑張ります」

       という言葉を聞いて解散したいもの。

       でも、今から、そんなことができるかな?と心配な方もいるはず。

       どこまで担任がリードして、どこから子どもたちに任せるか。

       現在の学級の状態に応じた「お楽しみ会の組み立て方」をお伝えします。
【休  憩】 14:45-15:00
【講座  7】15:00-15:20
     授業力が着実に向上するTOSS授業技量検定

      ★新卒から3年が経ったけど、毎日、目の前の仕事に追われて・・・

       授業力が伸びた実感がない、そんな悩みを抱える人が少なくありません。

       研究授業をやっても、その時は「達成感」があっても、時間の経過とともに

       その達成感も薄れていきませんか。

       TOSS授業技量検定で、なぜ、授業力が着実に向上するのか?

       挑戦するごとに、苦労が安定した自信に変わるのか、お伝えします。
【講座  8】15:20-15:40
     教科化目前、副読本を活用した道徳授業の提案

      ★道徳の副読本を使った授業になると、子どもの発言が固定化する。

       これも、多くの人が経験し、困り感を持っています。

       教科化したら大変になりそう。評価も書かなければならないし・・・。

       そんな悩みの解決の糸口となる!これまでの経験から辿り着いた

       「副読本を活用した道徳授業」を提案します。
【講座  9】15:40-16:00
     教科・学年をまたいで応用可能!石坂流!知識と説明力を養う授業提案

      ★授業のときは、発言が増えてきたんだけど・・・

       説明問題になると急に空欄の解答が続出。

       どうやったら、説明問題に向き合える子どもが育つのかしら?

       そんな悩みに、学年をまたいで応用可能な授業を提案します。
【休    憩】 16:00-16:15
【講座10】16:15-16:45
     知的に熱中する、石坂流討論授業の基礎構造をダイジェストで公開

      ★アクティブ・ラーニングって、これまでの授業でいい、と言われているけど

       子どもに討論させようとすると、一人が一回発言して沈黙してしまう・・・

       これでは、いつまでたっても討論になっていかない。

       その挑戦が第一歩です!

       その次に、どんな見通しを持って授業を構成すると討論が生まれるのか?

       石坂流討論授業の基礎構造をダイジェストで公開、そして提案します。
【講座11】16:45-17:00
     明日からの授業と学級経営にすぐ活きるお悩み解決QA

講座会場